使う人が少ない今こそラバージグを使おう。私の好きなラバージグのトレーラー六選

最近人気が無くなってきていますが個人的には大好きなフルサイズのラバージグ。(カバージグ)

同じウエイトの重さならフォールスピードを遅く出来ますし、魚の口の奥に深くフッキング出来る事が良い所ですね。

私は実感した事はありませんが良いサイズが釣れやすいとも言われています。

そんなラバージグにはトレーラーを付けて使います。

今回は私がオススメするトレーラーをご紹介します。

ジャンボグラブ(ゲーリーヤマモト)

ラバージグというとカバーに打ち込んでいくイメージが強いと思いますが、私はオープンウォーターの釣りでも使います。

水中に沈んでいるオダや岩を狙う釣りですね。

そんなポイントで良く使うのがグラブです。

グラブを使う人は少なくなってきていますが、やっぱりグラブは万能だと思っています。

ピンポイントではずる引きやリフト&フォールで誘えますし、ピンポイントから離れたらスイミングで誘う事も出来ます。

デプスのフラットバックジグのようにスイミングでも使いやすいジグと組み合わせて使うと使いやすいですよ。

ブラッシュホグ(ZBC)

ホグ系はラバージグのトレーラーとしても優秀です。

ZBCのブラッシュホグは2つのパドルテールにカーリーテールが付いているのでアピール力の高いトレーラーになります。

八郎潟が良く釣れた時代に私が使っていたトレーラーはこのブラッシュホグとギドバグでした。

どちらも良く釣れましたがギドバグはもう手に入らないですからね。

ブラッシュホグは今でも入手しやすいのでオススメです。

フォールで食ってくる事も多いですし、着底後にアクション付けた時にも食ってきます。

落として使うも良し、アクションを付けても良しの万能ワームです。

そのまま付けると長いと感じる人が居ると思いますが魚は全く問題無くジグを食ってきます。

私はそのままセットしてワームが千切れてきたらその分カットして再利用しています。

1つのワームで3回くらい使えるのでお得ですよ。

フレックスチャンク(ケイテック)

チャンク系のワームでオススメなのがケイテックのフレックスチャンクです。

ポークの魅力的な動きである着底直後のポヨンとした動きからゆっくり倒れ込む動きを再現しています。

着底後のアクションが魅力的なので底に落ちてからは5秒くらい待ってやると良いですよ。

それくらい待てば着底後に時間差でフレックスチャンクが倒れ込むアクションをしてくれるので、他のトレーラーには反応しない魚を誘う事が出来ます。

スパイニークロー(デプス)

スパイニークローは一見フレックスチャンクと似たような動きですが、フレックスチャンクよりも軽い動きのヒラヒラした動きで誘うトレーラーです。

フレックスチャンクがデロンデロンと動いて、スパイニークローはヒラヒラと動くイメージです。

2つのテールは薄いので少しの水流でも細かくヒラヒラ動くのが特徴ですね。

水流が当たっている時は常にテールは動いていますのでしっかりと止めてやってメリハリを効かせてやると効果的。

ジグが軽くても良く動くテールなので1/4オンスくらいのジグとの相性も良好。

フレックスチャンクとグラブの中間的なイメージのワームです。

べコンクロー(デプス)

出典:デプス

べコンクローはザリガニの爪が付いたクローワームです。

大きな爪が特徴のワームでアクションを付ける度に爪でアピールをします。

これまで紹介したワームもザリガニをイメージした動きを出す事は可能ですがべコンクローのようにハッキリと爪のデザインがしてあるとよりザリガニをイメージ出来ますよね。

岸沿いにザリガニがいるのを見つけたら使いたくなるワームです。

ピックダディ(釣り吉ホルモン)

最後に紹介するのはワームでは無くポークです。

ポークはワームには出せない柔らかいアクションを出す事が出来ます。

ワームをポークのように柔らかくしてしまったら耐久性が低くなり過ぎるので不可能でしょうね。

フレックスチャンクはかなりポークに近い動きですが、完璧に再現は出来ていません。

ポークの中でもピックダディの動きの良さはダントツで、こんなに柔らかいポークを作る事が出来るんだと思ったくらい柔らかいです。

使う時以外は瓶に戻さないと乾いてしまうなど使い勝手は悪いですが、テロテロの動きはとても魅力的。

ポークを使う人が居なくならない事も納得の動きです。

まとめ

私がルアーフィッシングを始めた25年くらい前は釣りをしていてもラバージグを使っている人を良く見かけました。

最近はスモラバ以外見かける事がほとんど無いです。

バスは新しい物に興味を持つ魚です。

使っている人が少ないという事は反応する魚が多くなるという事。

使う人が少ない今こそフルサイズのラバージグを使うチャンスかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です