レジンシェラー8(ヤマトヨテグス)。15回釣行してもほとんど色落ちしないハードコーティングPE

PEラインの色落ち。

ライン自体はそんなに劣化していなくても色が落ちると弱くなった気がして嫌ですよね。

ヤマトヨテグスから発売されるレジンシェラー8は15回使ってもほとんど色落ちしないくらいコーティングが優れているみたいです。

レジンシェラー8

出典:YouTube

ヤマトヨテグスと言えば扱いやすいナイロンラインのファメルを出しているラインメーカーとして有名です。

今回のレジンシェラー8も大きいくくりで言えばファメルのラインみたいですね。

ファメルといえば青いラインですが、レジンシェラー8も青いラインとなっています。

ファメルのイメージを引き継いで青なのかと思ったら他の理由がありました。

その理由は後で書きたいと思います。

良心的な平均強度

PEラインの強度の表示って実はいろいろあるんです。

それは最大強度だったり平均強度だったりします。

もしかしたら私が知らないだけで最低強度というのもあるかもしれません。

この強度は言葉の通りラインを何度か引っ張って強度を計測した数値の平均を表示しているのか、1番強度が出た数値を、表示しているのかです。

どの数値も嘘を書いている訳ではないので違反では無いのですが、ラインは当然弱い部分から切れます。

なので個人的にはラインの最大強度って表示されていて何か意味があるの?と思っています。

希望としては最低強度の表示ですが、他のメーカーが最大強度を表示している中で最低強度を表示していてはさすがに販売上不利ですよね。

そんな中、強度の表示を平均で表示しているヤマトヨテグスには好感が持てます。

コーティングが長持ち

リールに巻いてあるこのライン。

何と15回くらい釣行したラインみたいなんです。

ちなみにこの青色が新品の状態の色。

比べてみてもうっすら薄くなっているかな?くらいの違いです。

PEラインを巻く時ガイドにラインの色が付いたりする経験をした事がある人は多いと思います。

レジンシェラー8はティッシュに挟んで巻いても色が写っていなかったのだとか。

コーティングの強さが良く分かります。

コーティングは青が1番強いらしい

レジンシェラー8のラインカラーの青。

ファメルだから青な訳ではなく、コーティングの強さが色によって変わるからなのだとか。

テストした中、青色が1番コーティングが強いという結果になったそうです。

結果的にファメルらしい色になったし結果オーライって感じですね。

まとめ

ヤマトヨテグスのファメルはスピニングにナイロンを巻いていた頃にずっと使っていました。

メインラインにPEを使うようになってから使わなくなりましたが扱いやすいラインを作ってくれるメーカーだと感じています。

レジンシェラーをショップで見掛けたら買ってみようと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です