ネコリグ用のシリコンチューブは点滴用の物を切って使うと凄く割安です。

私はネコリグをする場合はシリコンチューブを利用してチューブのみにフックを掛けて使います。

ネコリグを私のような使い方をする人には必須のシリコンチューブですが釣具屋で売っているチューブって凄く割高なんです。

このチューブがこんな値段って事は無いよなぁと思いながら探してみたらやっぱり似たような商品がありました。

点滴などで使われているシリコンチューブなのですが釣具屋で買うシリコンチューブと全く同じ使用感です。

シリコンチューブ

私が購入したのはモノタロウで発売されていたシリコンチューブ。

内径4ミリの製品ですが、かなり割安で1mの長さで100円程度です。

チューブの内径4ミリから10ミリまで揃えましたが1000円ちょっとで買えてしまいました。

出典:モノタロウ

モノタロウのサイトでは商品の説明があるのですが柔軟性がある事や

耐熱性や耐薬品性がある事が記載されています。

ワームに使う事を考えると耐薬品性が気になるところですね。

ワームに付けっぱなしにしていますがワームのオイルを吸って大きくなったり千切れやすくなったりする事はありません。

釣具屋で売っている商品と同じ質感です。

スワンプにセットしてみる

上の写真はレインズスワンプに内径5ミリのシリコンチューブをセットしました。

ZBCのスワンプクローラーやレインズスワンプに使うなら内径は5ミリか4ミリが使いやすいと思います。

ワーム1つに使う長さは3ミリ程度なので1mのシリコンチューブを買ったら約300本分!

しかもその1mの値段は100円程度。

釣具屋で買う商品とこれだけ値段の差があったら釣具屋の商品は買う気がしなくなってしまいます。

レインズスワンプジュニアに内径4ミリのシリコンチューブをセットするとこんな感じです。

ジャストサイズですよね。

ちなみに内径4ミリのシリコンチューブの厚さは1ミリ。

この厚さだけは釣具屋で売っている商品よりも少し厚いです。

釣果や使い勝手に違いは無いと思いますが見た目的には気になる方もいるかもしれませんね。

まとめ

ネコリグはシリコンチューブにフックを引っ掛ける方法にするとワームはとても長持ちするようになります。

ワーム一本で10匹以上釣れる事も珍しく無いです。

釣具屋で購入しても良いですが同じ品質の物が安く帰るのでメートル単位で購入する事をオススメします。

最後までお読み頂きありがとうございます。

※モノタロウへのリンクはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です