ダブルエッジ(リューギ)インプレ。掛け調子でありながら針先だけ隠すセットが出来るバランスの取れたフック。

フックは初期掛かりの良さを優先するのか、貫通力を優先するのかで好みが変わってきます。

私が好きなのは初期掛かりの良いフックです。

全てバーブレスにして使っているのも有ると思いますが、初期掛かりが良く口の奥に深く刺さるフックを使うようになってから釣れる魚が増えたと思っています。

個人的に最も掛ける性能に特化したフックはD.A.Sオフセットだと思っていますが、掛ける性能に特化したフックはワームへのセットがしにくい傾向があるんです。

今回はワームへのセットもそれなりにやり易く、けっこう掛かりが良いバランスが取れたフックだと思っているリューギのダブルエッジをご紹介します。

ダブルエッジ

ダブルエッジはナロータイプのオフセットフックです。

そして針先はアイよりも外側に向いている掛け調子のフックとなっています。

線を書いて針先の開き方を見てみると若干外側を向いているのが分かると思います。

この開き具合が絶妙で、掛け調子のフックなのにワームへのセットがやり易いんですよね。

軸の太さは最低限の細さ

ダブルエッジは同じサイズのオフセットフックと比べて軸の太さは細めとなっています。

軸は太ければ太いほど強度は増しますが、その代わりに魚の口を貫通する抵抗にもなってしまいます。

しっかりと刺さりつつ魚をキャッチする為に最低限の太さに設定されているようです。

ですが細めとは言っても1/0サイズより上のサイズはそれなりの太さとなっています。

よほどヘビーなタックルにPEラインを組み合わせて、瞬間的に力を掛けたりしない限り折れるような太さではありませんので安心して下さい。

あくまで必要以上の太さは無いけれど、必要な太さは確保されています。

ワームにセットしてみる

センコーにダブルエッジを普通に刺したらこのような感じです。

掛け調子のフックなので針先はワームから離れる方向に向いています。

D.A.Sオフセットだと、この後針先だけを隠すセッティングをしてしまうとワームが曲がってしまうのですが…

ダブルエッジはこのようにギリギリワームは真っ直ぐにセット出来るんです。

ちょっと強引ですが針先だけ隠すセッティングが出来るのは多くの方にとっては大事な要素なのではないでしょうか。

ギリギリ針先だけ隠すセッティングが出来る掛け調子のフック。

それがダブルエッジです。

引っ掛かりやすい場所では針先をワームに埋め込む

ギリギリ針先だけ隠す事が出来るダブルエッジですが、針先は隠しても実際にはワームより外側に針先が向いているので引っ掛かりやすい欠点もあります。

針先を隠した部分のワームが千切れてしまった時とかは特にですね。

なので根がかりが多いような場所ではD.A.Sオフセットでやるような針先をワームに完全に埋め込むセッティングがオススメです。

フックの針先は上の写真の赤線のようにワームに完全に入っているセッティングです。

このようにセットすれば根がかりが大幅に減らす事が出来ますよ。

こんなにワームの中に針先を埋めてしまったらフッキングしないのでは?と思うかもしれませんが、魚が食った場合にはワームが裂けて針先が出てくるのでちゃんとフッキングします。

スラッゴーのようによっぽど硬い素材のワームでなければ問題なく掛かりますよ。

サイズ

ダブルエッジは最近までサイズ展開が少ないフックでした。

ですが新たに5/0サイズと2サイズが追加されて現在は2〜5/0の7サイズとなっています。

これだけ揃っていればほとんどのワームに対応出来ますね。

ちなみにテストでつかったセンコー4インチには2/0サイズを使いました。

センコー4インチだと2/0か3/0といったところでしょうね。

この辺りに掛かる事が多い

この魚は8月にZBCのオールドモンスターで掛けたバスです。

この時に使っていたフックがダブルエッジの5/0でしたが写真のように口の横の皮が薄い部分に掛かっていました。

ダブルエッジはこれくらいの口の少し奥に掛かることが多い感じです。

これだけ奥に掛かっていれば口切れする事は無いと思いますので良い具合の掛け調子のフックだと思います。

※参考までに更に掛け調子のD.A.Sオフセットは更に奥深くに掛かります。

これがD.A.Sオフセットで深く掛かった時の掛かり方。

針先が見えませんが飲まれてはいませんよ。ペンチで普通に外せる所に掛かっています。

絶対に口切れしない所に掛かりやすいのがD.A.Sオフセットです。

D.A.Sオフセット(ハヤブサ)インプレ。セットしにくいけれど凄い良く掛かるオススメフック

まとめ

最近私がメインで使っているナローゲイブのフックはダブルエッジとD.A.Sオフセットの2つです。

使い分けとしては、最初はセットのしやすいダブルエッジから始めて、すっぽ抜けがあったり食いが渋いと感じたらD.A.Sオフセットに変える事が多いですね。

セットのしやすさもある掛け調子のフックであるダブルエッジ。

使いやすさと掛かりの深さのバランスが取れた良いフックだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です