スローシンキングキャロ。ウィードエリアでかなり使えます。

おかっぱりで広範囲を自然に探るのに適したキャロライナリグ。

でもウィードがある場所では使いにくいですよね。

シンカーがウィードに突っ込んでしまって何ともならないなぁという経験をした人もいると思います。

そんな時にオススメなのがアジングで使われるフロートです。

飛ばせるのにウィードの上を探る事が出来るのでとても使いやすいですよ。

オススメのフロート

出典:Arukazik japan

フロートとはアジングで小さいワームを遠くまで飛ばすのに使うシンカーです。

フローティングやサスペンド、スローシンキングと種類がありますが私がオススメするのはスローシンキングのモデルです。

このようにサイズ展開がありますが私が使っているのはスローシンキングのLL。

11.8gあるのでスピニングなら遠投が可能ですし、ベイトでも投げる事が出来ます。

シンカーの代わりに使うだけ

フロートの使い方は簡単です。

シンカーの代わりに使うだけです。

フロートはスローシンキングなのでウィードの上をゆっくり引く事が出来るんです。

使うワームはヘビキャロと同じようにスイングインパクトの3インチのような小さめのワームが使いやすいです。

中途半端に大きいワームを使うとかえって飛距離が落ちる事が多いですね。

コツはシンカーを追加してフロートの浮力を調整すること

このフロートリグにも弱点があります。

フロートがスローシンキングなので風が強いと流されてしまうんです。

なのでシンカーを追加してちょうど良い浮力に調整するのがポイントです。

フロートの上にウキ止めゴムを付けてシンカーを追加する事で適度に沈めると使用感がかなり良くなりますよ。

ウィードに軽く引っかかる程度に沈めれば風に流される事をかなり解消出来ます。

まとめ

ウィードの上をワームで引いてきたいけどなかなかやりにくいなぁと思っていたらスローシンキングキャロを試してみてください。

もっと早くやれば良かったと思うと思います。

フロートはアジングで使うのが前提になっているので3/8オンスくらいの物しかありませんがバス用にもっと重い物が出ると良いなぁと思っています。

どこかのメーカーさん作って下さい(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です