ペイフォワード初のトップウォータープラグは小粒なダブルスイッシャー。仮称「タンク」

ペイフォワードが開発しているトップウォータープラグがそろそろ完成するみたいです。

仮称「タンク」と呼ばれているそのルアーは小粒なダブルスイッシャーとなっています。

このくらい小粒なダブルスイッシャーって考えてみると今まで無かったんですよ。

期待値は大ですね。

タンク

タンクはペイフォワードが今まで出してきたルアーとちょっと雰囲気が違います。

リアルな感じではなくて可愛らしい感じのルアーになっています。

ズイールのプラグを思い出しますね。

個人的にはとても大好きな雰囲気です。

そしてただ巻きでのこの水ヨレ。

これだけでもう釣れそうですよね。

そして凄いのが首振り!

ほとんど動かないでその場で首振りします。

これを可能にしているのは水平浮きとフックがフロントのみのワンフックになっている事。

モジモジ首振りしている動きはたまらなく釣れそうです。

小さいのにペラは大きめ

小粒なボディのタンクですがペラの大きさはフルサイズのダブルスイッシャー並みの大きさ。

そしてペラの形もこだわってありそうです。

詳しくはまだ発表されていませんが期待が高まりますね!

まとめ

今まで発表されてませんでしたが開発は長い事行われていて実に3年以上かかっているようです。

シンプルな形の中にいろいろと組み込まれているデザイン。

発売が楽しみなプラグです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です