どんぐりマウスに1オンスクラスの超どんぐりマウスが追加されます。

羽根モノが人気が出る前からあったVivaのどんぐりマウス。

それほど話題にはなっていないルアーですが、とても良く動くルアーなんです。

私もナマズに良く使ってたくさん釣りました。

大どんぐりマウス(viva)インプレ。アクションのキレはデカダンス並。

そのどんぐりマウスに遠投性と使いやすさのバランスが良い1オンスクラスの超どんぐりマウスが追加されるようです。

どんぐりマウス

出典:ルアーニュースR

どんぐりマウスの最大サイズとして発表された超どんぐりマウス。

ウエイトは30gと通常のタックルで投げやすい重さの上限サイズで出てきます。

MHくらいまでのロッドで投げる時に振り抜ける重さのルアーって30g程度だと思っているのでちょうど良い所を狙ってきましたね。

これ以上重くなってしまうと個人的には投げていて気持ち良く無くなってくるんです。

私が良く使っている大どんぐりマウス(左下)と比べると2回りくらい大きくなっている印象です。

ウエイトだけでなく大きさ的にもちょうど良いと感じるサイズです。

フックは1番

サイズが大きくなった事でフックのサイズも当然大きくなって1番のフックが装着されます。

1番が付いていればバスではもちろん、ナマズやライギョが食ってきても安心してやり取り出来るのが良いですね。

写真ではスプリットリングが付いている事で、もしかしたら製品版はエイトカンになる可能性があるのでは?と思ってしまいますが、そこはサーフェイスリグを採用して欲しいです。

カラー

カラーは6色のラインナップです。

どんぐりマウスにしては少ないですが、そのうち追加になっていくのかな。

カラー自体はVivaらしいカラーが揃っていますね。

まとめ

以前、記事でも紹介しましたがどんぐりマウスのアクションのキレはデカダンスにも負けていないと思っています。

超どんぐりマウスになって大きくなってもアクションのキレの良さは残っていて欲しいと期待しています。

出来れば一緒のタイミングでケミホタルを装着する穴がある仕様も発売して欲しいですが、ちょっと無理なのかな。

ナマズに使う人も多いと思うので近いうち発売して貰えると嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。