へドン ウンデットスプーク復刻版インプレ。スミスさん頑張ってくれてありがとう

へドンは独創的で素晴らしいルアーメーカーだと思っています。

いろいろな発想でバスを釣り上げる。餌で釣るだけでは得られない楽しさがそこにはあると思います。

ルアーフィッシングを始めた頃は日本のメーカーはアメリカのメーカーのコピーと思われる商品が多く、子供でしたがへドンのルアーが一番好きでした。

雑誌などで名作と紹介されているへドンのルアーの中で生産が終わってしまっていて手に入らないものもあり、欲しくてたまらなかったのを覚えています。

欲しくてたまらなかった廃盤のへドンルアーですが、スミスさんが頑張ってくれたおかげで復刻したものもあります。

今回はそんなルアーの一つウンデットスプークについて書きたいと思います。

今回はザラIIボディでも210ボディでもないオリジナルボディ

ウンデットスプークというとオリジナルのサイズと、ザラIIのボディを使った通称ザラIIボディの物があります。

ザラIIボディの方がオリジナルより少し大きいです。

そのザラIIボディと同じサイズの210ボディは何年か前に復刻されましたが、オリジナルのボディは1985年から販売されていなかったようです。

ザラIIボディも動きは良いようですが、やはり憧れたオリジナルボディの復刻が私は嬉しいです。

ペラ

ペラはスミスさんが一番復刻させたかったという直ペラが採用になっています。

私も直ペラが欲しかったですし全国的に見ても一番人気なのは直ペラなのではないでしょうか。

ボディに対して大きめのペラで動かした後しっかりとボディを止めてくれるペラだと思います。

動かしたあと慣性で進むダブルスイッシャーはラインがフロントペラに絡むので使いにくいんですよね。

カラー

カラーは全18色になっています。今年新しくカラーが追加されました。

横向きカラーがウンデットらしくて良いです。

追加になったホワイトコーチドック好きなんですよね。嬉しい追加です。

ただ欲しいカラーが多すぎてホワイトコーチドック含めて5個も買ってしまった(汗)

次手に入るのはまた20年くらい先になるかもしれないからと勢いです。

アクション

ザウルスのホッツィートッツィーのように器用に首を振ったりはせず直進のみです。

私はどのダブルスイッシャーでも直進しか使わないので気になりませんが首ふりさせたい方は使いにくいかもしれません。

直進しか出来ませんが先程書いた通り動かした後止まる性能は高いです。私はダブルスイッシャーは止まる性能が必要だと考えてるので満足度は高いです。

まとめ

オールド品の人気が高いのが納得出来るルアーでした。何十年も前から人気があり続ける事は凄い事ですね。

今年はウンデットスプークを使って楽しいバス釣りをしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です