今年の記録FISHベスト3

今日で2019年も終わりですね。

今年は数は出ませんでしたがサイズは良かったような気がします。

今年のベスト3フィッシュです。

3位 2600g、51センチ

7月に沖のハンプでファットイカで釣れた魚が第3位です。

水面直下にコアユがたくさんいて、いかにもトップで出そうな雰囲気でしたが不発。

フォローとして入れたファットイカを長い事止めていた時にアタリました。

コアユがどれだけいてもボトムにいる魚はいるもんだと改めて感じた1匹です。

第2位 3000g、57センチ

第2位はついこの間釣れた魚です。

アタリがあってもすぐに吐き出してしまう状況の中、ファットイカにスリットを入れて、フックポイントを外側に開いてと工夫したおかげでやっと掛かった1匹でした。

痛いくらいの寒さで10時間くらい釣りした夕まずめの1匹だったので嬉しかったですね。

一瞬で吐き出してしまう状況でも工夫すれば1匹に辿り着けると証明してくれた価値ある1匹でした。

第1位 3400g、55センチ

第1位も第3位と同じく7月に釣れました。コアユが大量にいた時期でしたのでウエイトが重かったのかもしれませんね。

この日も水面直下に大量にコアユがいて、それを狙ってバスがボイルしている状況でした。

オープンウォーターでもボイルってけっこうする場所は決まっていたりするんですよね。

タイミング良くウェイクマジックで通した瞬間に覆いかぶさるようなバイトでした。

そこまで大きく無いと思っていたら太い魚体にびっくりして慎重になったのを覚えています。

今年はプロップダーターi-wakeがウェイクマジックを超えるか?と思っていましたが、やっぱりウェイクマジックは強かったです。

まとめ

個人的に琵琶湖での最強のトップウォーターはウェイクマジックなのですが今年も一番はやっぱりウェイクマジックでした。

他にもいろいろ投げてるんですけどね。私と相性が良いのはウェイクマジックのようです。

底物で今年活躍したのが断トツでファットイカでした。

ネコリグと比べて釣れてくる魚のサイズが良いですね。

今年ファットイカで釣った魚は全て45センチは超えていたと思います。

あまり釣れなかった印象の2019年でしたが来年はどうなるのかな。小バスはたくさんいたので増えそうな気はしています。

最後までお読み頂きありがとうございます。来年もよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です