シグレ(メガバス)インプレ。この小さいサイズでハイピッチな動き。凄い。

メガバスから出ている小さな羽根モノのシグレ。

これだけ小さいのにハイピッチでパタパタ動くんです。

また羽根はエラストラマーで作られていてぶつけても壊れにくいし、ナチュラル。

フローターで野池をやる時はベイトロッドしか持っていかない私にはノイジーとしても虫系としても使える便利なルアーです。

デザイン

モロにセミのデザインですね。

エラストラマー素材の羽根が金属の羽根と違ってリアルなので一気にルアーのリアル感も上がっています。

羽根を広げたら写真の状態です。

閉じている時も開いている時もリアルです。

サイズ・ウエイト

全長は36.5ミリ、ウエイトは3/16オンスです。

ほぼ5gなので普通のベイトリールでは投げにくいですがベイトフィネスリールなら全く問題無いです。

野池でフローターする時ベイトタックルしか持っていかない事が多いので水面を虫として誘うのに使いやすいです。

ボディ自体はワームの虫と比べても同じような大きさなのが良いですね。

エラストラマーの羽根は変形しない?

羽根の素材がエラストラマーと聞いて最初はボックスに入れていたら変形するのでは?と心配でした。

でも結果的に変形はしませんでした。安心です。

ボディに合わせて湾曲していたりで複雑な成型なのに変形しないのは何故なんでしょうね。

ワームのエラストラマーみたいに柔らかくないので調整で変形しにくく出来るのでしょう。

フックのアイが弱い

ラインを結ぶアイはエイトカンなので問題無いのですがフックのアイはタイニーヒートンになっています。

このフックのタイニーヒートンが使っているうちに抜けてくるんですよね。

何か緩んできたなぁと思ってたら大きい魚が掛かってヒートンごと持っていかれた事があります。

緩んできたかもと感じたらヒートンを取って、アロンアルファをちょっと付けて補強しておいた方が良いですよ。

気をつけるようになってからは抜けていませんのでオススメです。

カラー

出典:メガバス

カラーは10色のラインナップです。

FFと付いているカラーは起毛が付いていて虫感アップです。

シグレでここまでやるともう虫ですね。水面に浮いている時に起毛に気泡が付いていたりするんだろうなぁと想像しています。

アクション

アクションは細かいハイピッチな動きです。

クレイジークローラーの動きのピッチを早くした動きですね。

ただ巻きではラトルと羽根の音の相乗効果でチキチキチキといった感じの音が出ます。

動きも良いのですがこの音もいかにも小さい虫が水面に落ちたら出しそうな音で魅力的です。

野池で夏のトップでは最強の部類に入ると思います。

まとめ

この小ささになるときちんと動かすのが難しい気がしますがシグレは小さい事を全く感じないくらいしっかり動きます。

発売された頃はまだ虫パターンが流行っていなかったので虫アクションのはしりとも言えますね。

今でも野池で使うノイジーの中では使いやすいルアーだと思いますので使ってみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
メガバス(Megabass)
¥1,815 (2020/12/04 21:45:48時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です