ラッキーリング(ラッキークラフト)、オーバルリング(ジャッカル)のススメ

ルアーとの結束にはどのような方法で結束していますか?

私は琵琶湖では直結、それ以外の場所ではスナップが多いです。

基本スナップの方が交換が早いので好きなのですが、琵琶湖では一生で一回しか掛からない大物が掛かった時にスナップが外れて逃げられては後悔すると思うので直結する事が多いです。

その直結の時に役に立つ小物があります。

それが今回ご紹介するラッキークラフトのラッキーリングとジャッカルのオーバルリングです。

どちらも楕円形

こちらはラッキーリングです。陸上のトラックのような楕円をしています。

こちらがジャッカルのオーバルリングになります。

形状自体は似ていてこちらも陸上のトラックのような形状です。

どちらのリングもラインの結び目がスプリットリングの継ぎ目に当たって切れてしまうトラブルを解消してくれます。

違いは片側がシングルかどうか

ラッキーリングはスプリットリングをそのまま楕円にしたリングです。

ラインを結束する所も、ルアーのアイと接する所もリングの軸はダブルになっています。

ジャッカルのオーバルリングはラインとの結束する所はダブル、ルアーのアイと接する所はシングルとなっています。

ルアーの動きが活きるのはジャッカルのオーバルリング

ルアーのアイとの接点となる部分は一点で接する方がルアーの動きの自由度が増して動きが良くなります。

スプリットリング直結よりもスナップの方がルアーが良く動くと言われている理由と同じですね。

ダブルの所に結ぶ事でスナップのように外れてしまう心配は無い上にアクションはスナップと同等という優れものです。

確認する事は必要

外れる心配も無くアクションも活きるジャッカルのオーバルリング。

とても優れたリングですがライン結束の時にしっかりとダブルの所に結べているか確認する必要は当然あります。

写真のようにシングル側にラインを結んでしまうと、ラインを切らなくてもルアーから外す事が出来てしまいます。

ラインを切らなくても外せるという事はスナップ同様に変形して外れてしまう危険性があると言うこと。

また強度を考慮して軸の線径がやや太めになっている為写真のように引っ掛かる事も考えられます。

この状態でラインを手前側に引っ張ったらリングは曲がりますよね。

そうならない為にもラインを結束する時はしっかりとダブルの所に結びましょう。

どちらに結んだか確認しなくても良いラッキーリング

ラッキーリングはジャッカルのオーバルリングのように結ぶ側が決められていません。

ですので特に確認しなくても必ずダブルの所に結び目が出来ます。

これが釣り場で実際に結んでみると快適で、一度使うと普通のスプリットリングには戻れなくなります。

ルアーのアイに接する所もダブルになりますので、ジャッカルのオーバルリングよりは動きのの自由度は悪くなります。

どちらのリングを使っているか。

結ぶ時に方向を確認しなければならないけど動きの自由度が増すジャッカルのオーバルリングと、確認しなくてもラインの結び目がダブルの所に結べるラッキークラフトのラッキーリング。

どちらも良い所があるのでどちらのリングを使うか悩んでいました。

でも最近はラッキークラフトのラッキーリングばかり使っています。

その理由は何も確認しなくても良いのがやっぱり快適だから。

若干アクションは変わるのでしょうけど、私が使っているルアーではほとんど動きが変わらないのも大きいですね。

結ぶ時の手間が減る事で結び直す回数は自然と増えていると感じています。

まとめ

スプリットリングの継ぎ目に結び目がくる事でラインブレイクしてしまう事を自動で解消してくれる楕円形のリング。

些細なアイデアですが釣果に直結する良いアイデアだと思います。

今回ご紹介した2つのリングはどちらも優れものなので使ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

※ラッキーリングは現在単体では発売していないと思います。ラッキークラフトのネットワークメンバーになれば購入できますよ。

ラッキークラフトネットワークメンバー。3000円の年会費ですが実はお得。

created by Rinker
JACKAL(ジャッカル)
¥227 (2020/11/30 02:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です