重いシンカーの方が実はナチュラル!?テキサスリグ・フリーリグの意外な性質

ワームを使う時なるべくナチュラルに誘う事で、魚がワームを食う確率は上がる事が多いです。

ナチュラルに誘うにはシンカーなどのウエイトを軽くする事が1番手っ取り早い方法ですね。

ジグヘッドリグやネコリグなどはシンカーウエイトを軽くする事でナチュラルにする事が出来ます。

でもテキサスリグやフリーリグはシンカーのウエイトを重くする事によって、よりナチュラルになる事があるんです。

シンカーの固定の仕方

ワームのリグはノーシンカーリグ以外には、どこかにウエイトとなるシンカーがワームとセットになります。

そのシンカーの固定の仕方を大きく2つに分けると、シンカーの位置が固定される方法と、自由に動く方法です。

ジグヘッドリグやダウンショットリグ、ネコリグなどのほとんどのリグがシンカーの位置は固定されますが、テキサスリグとフリーリグ(一応キャロライナリグもですが)だけがシンカーは自由に動くんです。

このシンカーが自由に動くという性質がある事で、シンカーを重くした方がナチュラルに動くという通常とは逆の現象が起こります。

ワームとシンカーが離れた状態は極めてナチュラルな状態

キャロライナリグは重いシンカーをセットしますが、リーダーがある事でワームはノーシンカー状態にする事が出来ています。

つまりシンカーとワームが離れている状態はノーシンカーと同じくらいナチュラルな状態になっています。

ではテキサスリグやフリーリグは水中ではどのようになっていると思いますか?

ずる引きなどのラインを張った状態の時以外は、ワームとシンカーって距離の違いはありますが、常に離れている状態になっています。

これがシンカーが自由に動く事のとても大きなメリットです。

ワームとシンカーが離れる極めてナチュラルな状態を作り出せます。

シンカーは重ければ重いほどワームと離れる

ワームとシンカーが離れればナチュラルになる事は分かりました。

ではどうすればワームとシンカーを効率良く離すことができるのでしょう。

ワームは単体ではゆっくりとした動きをします。逆にシンカーは重さがあるのでキビキビとした動きをします。

この動き方の違いがあるからワームとシンカーは離れるんです。

そしてシンカーは重ければ重いほど、動きはキビキビした動きになります。

つまりワームとの動きの違いが大きくなるという事です。

なのでシンカーを重くする事はシンカーとワームの離れを大きくする事に繋がります。

これがテキサスリグとフリーリグはシンカーを重くした方がナチュラルになる理由です。

このような時に有利

テキサスリグとフリーリグはシンカーを重くした方がナチュラルに誘えると言いましたが、どのような時にナチュラルに誘えるのかを考えていきたいと思います。

着水から着底までのファーストフォール

シンカーが重くなった事で1番メリットを感じるのが着水後のファーストフォールです。

軽いシンカーだとワームとシンカーの距離って思ったほど離れないんです。

完全にラインをフリーにしたとしても、ラインに水の抵抗が掛かる事で、シンカーが落ちるスピードが落ちちゃうんです。

シンカーを重くした場合はラインに掛かる水の抵抗をシンカーの重さで引っ張ってくれるので早く落ちます。

早く落ちるという事はワームが落ちるスピードとの差が大きくなるという事なので、シンカーが着底してからワームがノーシンカー状態になる時間が長くなります。

その分ナチュラルに誘えるという事ですね。

強いアクションを付けた時

ロッドでアクションを付ける時に、リアクションをかけるような強いアクションを付けた時もシンカーの重さが重いほどシンカーとワームの距離を稼げます。

シンカーが重いと動かした時の慣性の力も大きくなるので、シンカーは大きく動きます。

一方でワームは軽く、慣性の力は小さいので大きく動きません。

なのでワームとシンカーとの距離が大きく離れ、ノーシンカー状態を長い時間作り出せます。

この時は不利

先程有利と言いましたが全ての状況で有利かと言うと実は違います。

具体的に有利な時は魚がボトム付近にいて、シンカー着底後のノーシンカー状態で魚にワームを届けられる時です。

魚が完全に中層にいる時はシンカーがワームを引っ張っている状態で魚の前を通るので、シンカーが重いと早く魚の目の前を通過してしまう事になります。

もちろんその方が良い時もあるのでしょうが、一般的にはそのような状態の時はシンカーを軽くした方が食わせやすいでしょうね。

まとめ

今回はシンカーを重くする事で、ノーシンカー状態になる時間を増やす事が出来て、よりナチュラルになるという事をご紹介しました。

フリーにしたテキサスリグって昔からあるリグですが、とても優れたリグだと思います。

シンカーを固定してて反応が無かったのに、フリーにしたら反応が変わったという事を経験した人も多いのではないでしょうか。

重いシンカーを使っているのに、なぜあの人だけ釣れてるのだろう?って時があったら実はノーシンカー状態の時に食わせているのかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です