レアリスシャッド62DR F(DUO)インプレ。浮力の弱いシャッドはフロロを使えばサスペンドになる。

シャッドプラグは多くの物がサスペンドですよね。

私もサスペンドをメインで使っているのですが、どうしてもフローティングでやりたい所があるんですよ。

それはバスが好きなポイントとして定番の岩場。

サスペンドプラグってナイロンラインだとサスペンドするんですが、フロロカーボンラインだとスローシンキングになるんですよね。

しかもラインも沈んでしまうから根がかりが多発します。

そんな時にはフローティングが便利。

フロロカーボンラインと組み合わせればスローフローティングからサスペンドになって良い感じで攻められます。

デザイン

レアリスシャッドの中で1番大きいサイズで1番良く潜るのが62DRです。

もともとあったサスペンドと比べて外観的な変更点はゼロ。全く同じだと思います。

フローティングだと見分けられるのは背中の文字だけですね。名前の後ろに「F」が入っているのがフローティングです。

サイズ

全長は62ミリ、ウエイトは5.4gです。

けっこう軽いプラグですが重心移動システムが入っているので、ベイトフィネスリールであれば全く問題無い飛距離が出ます。

フックは前後共に8番のフックです。

私はレアリスシャッドの中で1番多く使うのが62DRなのですが、その理由はこの8番フックが付いている事。

1つ小さいMRだと前後共に10番フックになるんですけど、10番フックだと大きい魚が掛かった時に強度的にやっぱり不安なんです。

潜行深度は竿先の位置を調整すればある程度調整出来るので、よっぽど浅くない限りDRで対応出来ます。

実はフローティングの方がサスペンドする

出典:DUO

レアリスシャッド62DRサスペンドのウエイトはフローティングの5.4gに対して6.0gです。

この0.6gの違いですが、1割重いと考えるとけっこうな違いだと感じますよね。

でもたった0.6g。ラインをフロロカーボンにするとすぐに0.6gよりも重くなるんです。

なのでフローティングはルアー単体では浮くのですが、フロロカーボンラインが沈むまで待ったら、サスペンドからスローシンキングになるんですよ。

なのでレアリスシャッド62DRFのように浮力の弱いフローティングプラグは、フロロカーボンラインを使った場合、実際にはサスペンドタイプになっている事も多いんです。

そして最初に書いたように、サスペンドタイプでフロロカーボンラインを使う場合は実際にはスローシンキングになっちゃっている事も。

使うラインの特性によって微調整が必要ですね。

カラー

出典:DUO

DUOって良くカラーを追加するメーカーです。

そして追加をすると追加した分だけカラーを廃盤にしちゃうんです(泣)

なので気に入ったカラーがあるなら何個か買っておくことをオススメします。

でも62DRFは比較的多くのラインナップを用意してくれています。

ちなみに人気が無さそうなマットアメザリですが実はシャッドの赤って良く釣れる色です。

シャッドって見方を変えるとエビに見えるんですよ。

出典:DUEL

これはデュエルのモエビーですがエビの形したシャッドプラグです。

どうですか?レアリスシャッドもエビに見えてきますよね(笑)

カラーを赤にするとエビになるのもシャッドの強みだと思います。

アクション

シャッドは全体的にタイトな動きのプラグが多いですが、レアリスシャッドは特に細かい動きをします。

サスペンドからフローティングになると浮力が増す分動きが大きくなる事も多いですが、レアリスシャッドは同じタイトな動きです。

この細かい動きはスレた魚にやっぱり強い気がします。

ジャークベイトのストップ&ゴーで食わなかった時に、シャッドに変えたら食ってきたという事は何度もあります。

やっぱりタイトな動きに反応しているのだと思います。

また子バスが多い場所でジャーキングをすると、かなり良い反応が得られるので試して見てください。

琵琶湖では秋のシャッドのジャークは無限に釣れる事もある入れ食いテクニックです。

シャッドはただ巻きでもジャークでも使える便利なプラグですね。

まとめ

浮力が弱めのフローティングなのでサスペンドのように使えるレアリスシャッド62DRF。

サスペンドプラグを使っていて、ポーズしていると良く引っかかってしまうという人はフロロカーボンラインに引っ張られてシンキングになっているかもしれません。

そんな時はレアリスシャッド62DRFのように浮力の弱めのフローティングタイプを使うと良いと思いますよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です