ピットブルG5(シマノ)。比重1.3のシンキングPE。オードラゴンの一人勝ちを止められるか!?

最近PEラインをメインラインにする人が増えて来ましたね。

PEラインをメインラインとしてワームなどを使う時は比重の重いシンキングPEが圧倒的に使いやすいです。

でも同じシンキングPEでも比重ってけっこう違いがあったんですよ。

それこそナイロンラインと同じ比重1.1程度でも水よりは重いのでシンキングPEなんですよね。

そんな中で唯一比重1.4という、フロロカーボンとナイロンラインの中間くらいの比重のラインがよつあみのオードラゴンでした。

そんな比重のPEラインはオードラゴンだけだったので一人勝ち状態だったのですが、ついにオードラゴンの代わりになる可能性があるラインが出ます。

それは評判の良いシマノのピットブルの新作でした。

ピットブルG5

出典:シマノ

G5と言うとラインに詳しい人はピンとくるのが、シマノからすでに発売されているセフィアG5です。

セフィアG5はオードラゴンに近い高比重のシンキングPEでした。

ただ欠点があってラインの号数ごとに比重が違ったんですよ。

それは高比重の芯となるラインを4本のラインで編み込んでいたから。

芯のラインは変わらずに周りの4本のラインの太さが変わっていたので比重が変わっていたんです。

今回のピットブルG5も同じ方法で比重を高めているのだと思うのですが、何故か各号数の比重はほぼ1.3程度に揃っているんですよ。

これは使いやすそうですね。

オードラゴン比重1.4、ピットブルG5比重1.3

出典:シマノ

普通の比重0.98のPEから比重1.1のシンキングPE(私が使ったのはサンラインのキャストアウェイ)に変えた時にはキャスト後のラインがふけるのが抑えられているのを感じました。

そして比重1.4のオードラゴンにした時はラインがフロロカーボンのように水中にラインが沈んでいく事を感じました。

フロロカーボンの比重1.7と比べると軽いと感じるかもしれませんが、比重1.3ってかなり重い感じなんですよ。

1.0号で見てみると比重1.34なのでオードラゴンとほとんど同じ感じで使えると思います。

安い!!!

出典:YouTube

何よりも凄いのは低価格な事!

100m巻きは定価1130円というびっくり価格です。

これってショップだと確実に1000円切りますよね。

150m巻きは定価1700円!

どちらにしても安い!

オードラゴンと比べると半額くらいの価格。

これは凄すぎる。

カラーはグレーとオレンジ

カラーは2色あるようです。

視認性が高いオレンジと自然に溶け込みやすいグレー。

リーダーを組む時は視認性の高いオレンジが良いでしょうし、直結の時はオレンジはちょっと気になるのでグレーが良いですね。

強度は犠牲にしてません

出典:シマノ

ピットブルG5の1号の引っ張り強度は16.7ポンド。

ピットブル4の1号の引っ張り強度は20.0ポンド。

一見するとけっこう強度が違うじゃんと感じると思いますが、これって今までのシンキングPEと比べると優秀なんですよ。

シンキングPEになると高比重の芯材が入る分もっと弱くなるのが普通でした。

オードラゴンが出た時シンキングPEにしては強いと感じましたが、強度は1号で16.5ポンド。

ピットブルG5はオードラゴンと同等の強度ですね。

毛羽立ちが抑えられていたら最高

比重も強度も高く使いやすいオードラゴン。

ただ欠点もあるんですよ。

それは普通のPEと比べて毛羽立ちやすいんですよね。

使ってみないと毛羽立ちやすいかどうかは分かりませんがピットブルG5は毛羽立ちが抑えられているかが気になります。

もし毛羽立ちがオードラゴンよりも抑えられていたら完全にオードラゴンからピットブルG5にメインラインを変えると思います。

まとめ

出典:YouTube

何年もシンキングPEといえばオードラゴンでしたが、ついにオードラゴンを超えるかもしれないラインが出てきたといった印象です。

通常のピットブルがとても良いラインなので期待が高まりますね。

価格が安い事だけでなく性能も良かったら、本当に文句無しのラインですね。

発売されたらすぐに使います!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です