ナローゲイブのスクリュータイプフックが欲しい。現在あるスクリュータイプのフックも確認。やっぱりワイドゲイブだけみたい。

最近使うワームフックはナローゲイブの物ばかりになりました。

ナローゲイブで掛け重視のダブルエッジやDASオフセットが最近のお気に入りです。

ナローゲイブはワームがボトムに付いている時に傾きにくいですし、ウィードなどの抜けも良いんですよ。

掛け重視でフックポイントが外側を向いているのもあって口の奥深くに掛かるのもお気に入りのポイント。

でもたまに、スイミングワームでスクリュータイプのワイドゲイブを使うとズレにくくて快適なんですよね。

なのでナローゲイブでスクリュータイプの掛け重視のフックが欲しいんです。

現在あるスクリュータイプのフック

パイルドライバー(ザップ)

出典:ザップ

スクリュータイプのフックを初めに出したのはパイルドライバーだったと思います。

初めて見た時は綺麗に刺せるのかな?と思いましたが、とても簡単に綺麗に刺せる事にびっくりしました。

そして記載してある通り本当にワームがズレにくい。

スクリュータイプのフックが増えたのはパイルドライバーの貢献が大きいですね。

他の大手のメーカーはツイストタイプのフックを見て驚いたと思います。特許取っておけば良かったのに。と勝手に思っています。

細かい事ですがフックのアイが大きめな事もとても良いですね。アイが小さ過ぎるとトラブルが増えるんですよ。

リングが付いている物もあってバリエーションが豊富です。

ツイストロック(カルティバ)

出典:カルティバ

パイルドライバーが出た後すぐに発売されたフックだと記憶しています。

ズレなくて最高だと思っていたパイルドライバーのスクリュー部分がさらに進化した印象です。

センターに一本、芯があるのでとてもねじり込みやすくなっているんですよ。

個人的にはこのツイストロックのバネがスクリュータイプのフックがたくさん出た今でも最高だと思っています。

またこのスクリューはツイストロックのばねとして単品でも売っているんですよね。本当に有難い!最高です。

ハイパートルネード(ハヤブサ)

出典:ハヤブサ

今1番気に入って使っているスクリュータイプのフックがこのハイパートルネードです。

スイミング系のワームに特化して作ってあるので、針先が掛け重視で外側に向いているんですよ。

そのおかげでフッキング抜群。

名前の元になったのであろうスクリューは最初は細く、ねじ込む程に太くなっていく形状。

ホールド性は高いですが、差しやすさも考えるとツイストロックのバネの方が良いです。

あとフックのアイが小さいのはちょっと残念です。

大きさが1.5倍くらいあった方が私は好み。

スクリューが付くので通常よりも大きめのアイが使いやすいです。

ピアスフック(リューギ)

出典:リューギ

このフックはですね。スクリュータイプなのですが他のスクリュータイプのフックと違う方向を向いて開発された気がします。

他のメーカーがワームのホールド性を優先しているのに対して、ピアスフックはどうしたらワームフックのフッキングを高める事が出来るかに重点を置いていると感じます。

それもあってスクリューのホールド性は他のメーカーとは比べられないくらい少ないと感じました。

最初使った時は、これなら普通のオフセットフックでいいや。と使うのを止めてしまったのですが、他の人の解説を聞いて納得。

このフックはフッキングした時に、フックがワッキーリグで刺したように90°向きが変わるフックなんです。

普通のオフセットフックではフックがズレても、ワームの頭の部分が千切れない限りワームに対してフックの向きは変わりませんが、ピアスフックは簡単にスクリューがズレるのでワッキー状態になるんです。

この大きいフックがワッキー状態になったら、そりゃあ掛かりますよね。

スクリュータイプですがそのような特殊なフックなんです。

マキサスフック(デコイ)

出典:デコイ

最後はデコイのマキサスフック。

ごめんなさい。このフックは使った事がありません。

見た感じはツイストロックのばねとパイルドライバーのフックみたいな印象です。

デコイのフックは針先が鈍りにくいと聞くのでデコイフック好きの人はこのフックですね。

こんな感じのナローゲイブスクリューフックが欲しい。

出典:リューギ(手書きで加工してます)

ワイドゲイブで培ったスクリューフックのノウハウを注いで欲しいのはもちろんですが、個人的にはこんな感じのナロータイプのスクリューフックが欲しいです。

・スクリューは差しやすさとホールド性が高いツイストロックのばねの形状。

・針先は掛け重視の外側を向いたもの。ダブルエッジくらいの掛け具合が希望。DASまで掛け重視にしちゃうとフックセットがやり難い為。

・線径は極端に太くないもの。(ツイストロックは線径が太いのが理由であまり使わなくなってしまったので)

好き勝手に書いてしまいましたが、簡単に言うとダブルエッジのツイストロックのばねが付いたようなフックです。

それだけダブルエッジのセットのやり易さと掛かりの深さが気に入っているんです。

まとめ

スクリュータイプのフックはズレにくいのでフッキングが悪い。と使わない人もいますが、ハイパートルネードのように針先の角度を上手くすれば深く掛かる良いフックにもなります。

ただでさえ需要が少ないナローゲイブのフックで、さらに需要が少ないスクリュータイプとなるとなかなか難しいのでしょうが欲しいんですよね。

欲しい!という声が広がって製品化される事を期待しています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です