マグナムタイガー(ヘドン)インプレ。個性があって性能も良いウェイクベイト

ヘドンのルアーは個性が強いですがタイガーはヘドンの中でも個性が強い気がします。

ボディの形状やリップの位置を見るとミノーのように感じますが、やっぱりミノーとは違う。

しかもリップはイナズマのようにギザギザの形状をしてる。

子供の頃にマグナムタイガーの写真を見ましたが、一度見ただけで覚えましたね。

デザイン

パッと見ではミノーかな?と思いますよね。

でも良く見るとミノーにしては体高が高いし、リップの位置も後ろすぎます。

そうなんですタイガーは一般的なミノーとは違い水面で引き波を出しながら誘うウェイクベイトとして作られています。

その為潜らないようにリップの位置は後ろの方に付いているんです。

リップは写真のようにイナズマ形状をしています。

これもデザインだけでイナズマになっているのでは無くて、動くことで水を受ける面が変わる事まで考えてリップに当たった水を変則的に受け流す為なんだとか。

ヘドンのデザインにはいろいろな考えが詰め込まれています。

サイズ

マグナムタイガーの全長は約11センチ、ウエイトは約5/8オンスです。

大きいと言えば大きいですがそこまで違和感を感じる大きさではないと思います。

ベイトタックルで使うにはちょうど使いやすいサイズですね。

フックは前後共に2番が付いています。

私は交換のしやすさを優先してスプリットリングを付けていますが雰囲気が良いのは直に付けている方が良いですね。

カラー

タイガーにはいろいろなカラーがありますがやはり有名なのは背中がオレンジで反射板が入ったカラーですよね。

復刻版が出るサイズ本当は私もそのカラーが良かったのですが残念ながら手に入れる事が出来ませんでした。

やはり圧倒的にオレンジバックの反射板カラーは人気があるようです。

アクション

残念ながら私は復刻版のマグナムタイガーの動きしか知らないのですがロールもウォブリングも大きめのアクションです。

ただ巻きでも十分釣れる動きですがタイガーはトップウォーターのようにアクションを付けて使いたいのは私だけでしょうか。

浮力も強めなので浮き上がる時にシミーライズするのが何とも魅力的な動きです。

潜らせて浮かせてといった使い方でピンポイントを狙ってアタリを取る。

イメージしただけでもワクワクします。

それが動画のように大きな魚だったら最高ですよね。

まとめ

10年程前に復刻が出たのですがそれ以来また手に入らなくなってしまったマグナムタイガー。

復刻版を一つしか買ってなかったのを今でも後悔しています。

またそのうち復刻されるんだろうなとは思っていますがいつになるんだろう。

去年はウンデットスプークが復刻しましたが今年は何か復刻するのかな?

スミスさんまたタイガーの復刻をお願いしたいです!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です