琵琶湖長浜の大清掃プロジェクトに参加してきました。

イヨケンさんが地元の大池公園で清掃活動を行っていると聞いてとても良い活動だと思っていました。

釣り人がいる事で公園が綺麗になる。綺麗になる事で公園を利用する全ての人が気持ち良く公園を利用出来る。

素晴らしい活動だと思います。

そういった活動を続けた事で、東海市の行政が釣りに対して協力的になってテレビの撮影許可もスムーズにもらえているみたいですね。

釣りは他人の土地でやらさせてもらっているという気持ちを持つ事が改めて大切だと感じます。

7/4日、長浜でゴミ拾い活動が行われました。

出典:instagram

7/4日(土)に琵琶湖のプロガイドの西島高志プロ主催で長浜の清掃活動が行われました。

もともとは他の予定が入っていたのですが大雨の影響でその予定は中止に…

だったら琵琶湖の清掃活動に参加できるじゃん。という事で急遽参加してきました。

想像以上の人が集まっていてビックリ

私が長浜港に到着したのは集合時間の20分前。

それなのに受付では人が並んでいる状態でした。

予報ではけっこうな雨が降る予定だったのにこの人数が集まっている事にビックリ。

バス釣りしている人の環境意識は高いですね!

長浜港は綺麗な港でした。

普段長浜で釣りをしていても、なかなか気が付かない事ですがゴミ拾いをしてみると長浜港って綺麗な港だなぁというのが印象でした。

釣り人がたくさんいる場所なのに目立つゴミがあまり無かったのです。

釣り場にありがちなルアーパッケージのゴミなんて皆無でしたね。あったのはタバコの吸い殻くらいかな。

これは普段から釣り人がゴミを出さないように意識しているという事ですね。

ゴミで汚い事は印象に残るのに綺麗な事はあまり印象に残らない。これは私だけでは無いと思います。

綺麗な状態を維持していても誰も何も思わないですが、汚いと釣り人が悪いとなりがちです。

これからも綺麗な状態を維持し続ける事が大切ですね。

ゴミが多いのは湖岸

綺麗な港に対して湖岸は残念な事にゴミが多かったです。

特にペットボトルや空き缶のゴミが目立ちましたね。

これは釣り人のゴミというよりは車から投げ捨てられている事が多いと思います。

ゴミを拾う前に写真を撮っておけば良かったのですが拾う方に意識が行っていて写真を撮り忘れました(苦笑)

せっかく参加したのだからゴミ拾いの前後の写真をもっと撮っておけば良かったと反省です。

まとめ

出典:instagram

初めて参加した清掃活動ですがゴミ拾いもやり始めると案外楽しいですね。

あっという間に1時間の作業が終了です。

このような活動が増えて釣り人に対する人々の意識が変わっていくと嬉しいですね。

長浜の清掃活動は来年も行われる予定のようです。

琵琶湖で釣りをされる方は参加されたらいかがでしょうか。

きっと良い事が起こります。私はゴミ拾い後に釣りをしたのですがクランクで良い魚が釣れました!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です